精神的な豊かさを求め始めた中国人(馬 英華の日経新聞電子版ビジネスリーダー記事)

(馬 英華氏の経営者ブログ 2016年1月15日版)

私は絵を見るのが好きです。絵を見に行ったり、画廊を訪れてそこの人と話したり。いい絵を見ていると何時間でも過ごせます。画家の人生、絵の描かれ方や季節とか。想像力がかき立てられるのです。実は私は、早稲田大学で法律を勉強しながら、学芸員の資格を取るために絵についても4年間、勉強していました。

東京エレベーター馬英華の写真 最近、中国人の興味が美術品や骨とう品に向かっているのをご存じでしょうか。去年秋、イタリア出身の画家モディリアーニの裸婦の絵が史上2番目の額で落札されたというニュースがありました。落札したのは中国人といいます。

前回、中国の「競争文化」についてお話ししました。今回は中国の文化的な側面についてお話ししようと思います。

先日、画廊に行き、オーナーと話していたら2人の中国人が入ってきました。そのうち1人が、日本人が描いた絵とともに、絵に対する日本人の扱い方、額装、かけ方含めて素晴らしいとほめているのです。興味を覚えてその人に話しかけました。すると「日本の油絵を高島屋で買った。別荘を持っているから、そこに飾りたい」とのこと。彼いわく、中国では、持ち家に美術品を飾って個性を出すようになっているそうです。彼の友人たちも同じように、部屋に絵を飾り始めているとか。人々が文化に対して持つ興味が強くなっていると同時に、自分を表現しようという欲求も出始めているのだと感じました。

こうした動きに、私自身、今まで持っていた中国人のイメージと違うと感じています。一般に、ご飯を食べる、仕事へ行く、そうした日々の生活に忙しく、その中に絵なんかありませんでした。絵を見る、めでる人がいることを、あまり聞いたこともなかったのです。

物質から精神の世界へ

「白い猫でも黒い猫でも、ネズミを捕る猫が良い猫だ」。鄧小平氏の言葉で有名な中国の改革開放路線は1982年に本格的にスタートしました。それ以来、中国で多くの人が、経済改革路線にのって自分でビジネスを始めたのです。

それまで国有企業に勤めていた、能力とやる気のある人が、「商売していい」と言われ、前に踏み出したのです。保障されていた給料や年金を捨てても、家族に反対されてもです。改革前は多くが国有企業に勤めていたことを考えると、本当に大きな変化でした。

自由を求めてスタートした人たちにとって、チャンスはいっぱいありました。未成熟の大きな中国ですから、今でもたくさんチャンスはあります。成功している人はどんどん増えています。人は物質的に余裕ができ、成功すると次は精神の世界にいくのだと思います。

自らのお金をはたいて好きな絵を購入する人にとって、その絵は人生の結晶のようなものです。どういう人生を生きてきたのか、どんな美の意識があるのか、どんな文化の影響を受けたか……。それらがみんな表れる。まさに、個性の発露です。

株や不動産投資にいそしんでもバブルがはじければ価値は急減します。そういうものより、自分の子孫に受け継いでいけるものを持っていた方がいい――。改革開放路線の開始から34~35年くらいたち、成功者になった人たちの考え方が成熟してきたと、私は見ています。

こうした歴史を経て今起こっている美術品ブーム。私は、一時的なものではないと思います。

文化の浸透が変化起こす

中国の伝統的な絵画には山水画、水墨画、花鳥画があります。仙人や美女を描く人物画も人気があるようです。最近は、風景画や山水画で有名な画家の李可染が話題になりました。以前から著名な人ですが、去年のオークションでさらに注目を浴びました。ある人が30年ほど前に1500円程度で買った李可染の絵がなんと200億円で落札されたのです。価値がこんなにも上がったことに、びっくりしました。まるで現代のゴッホです。

オークションも活発です。10年くらい前は、オークションを運営する会社は、有名な、値の張る絵を中心に売買していました。今は、値段が安いもの、価値がないと思われているものを仕入れて頻繁にオークションを開催しています。買う側からみれば楽しみが身近になった一方で、偽物は出品されるし、自分の知識が問われるところです。中国の美術市場は、大きなビジネスポテンシャルを秘めていると思います。

中国の歴史を知っている方はお分かりかもしれませんが、文化大革命(「文革」といわれる60年代後半~77年にあった改革運動)のとき、骨とう品や絵は焼かれました。それまでの伝統文化は壊されたのです。文革が終わっても、伝統文化を高めることはおろか興味を持つこと自体、改革開放の時代が訪れるまで許されない雰囲気がありました。

人々はその後、自らの伝統文化が一体どういうものか、分からなくなる状態に陥りました。しかし、ここにきて、ようやく伝統文化が復活しつつあります。

中国の教育省という、日本の文部科学省に相当する機関が、伝統文化について小学校から教育する方針を立てました。それを受けて小学校では、10年前からさまざまなカリキュラムを授業に取り入れています。思想、文字、言葉、六芸(りくげい。礼儀作法や音楽など)があります。具体的には民族教育、書道、曲芸、将棋、絵などを指し、大学まで行われます。私自身の小学校時代を振り返れば、昔から書道や音楽のクラスはありました。でも将棋の打ち方を教わったことはありません。子供たちが勉強すれば親も興味を持つわけで、これからもっと浸透していくでしょう。

絵を楽しむのは年配者というイメージがありますがそうではありません。自分で商売を興した20歳代、30歳代の若者も絵を楽しんでいるのです。「ビジネスで富と雇用を生み出して社会に貢献している」と自信をつけている層が台頭しています。こうした人々は老若を問わず、教養もあるし、文化に対する感受性が高い。彼らが核となり社会を先導して、その他大勢の生活に変化を起こしていると私は思います。

中国の人口は13億5000万人。その中で物質的、精神的に豊かになった人がたとえば1億人いるとしたら、この1億が社会現象を起こしていくんです。

私はブログの初回で「新しい文化をつくる」と書きました。ビジネスの世界でも同じように、文化が浸透すればそれまでの商習慣や概念は変わっていく。そう信じています。

お気軽にご連絡ください。いつでもお待ちしています。03-3662-1139営業担当 椎橋(しいばし)恒成(つねなり)佐藤(さとう)がご質問にお応えします!!

受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ