人生は因果応報 種をまけば結果が伴う (馬 英華の日経新聞電子版ビジネスリーダー記事)

(馬 英華氏の経営者ブログ 2015年11月6日版)

東京エレベーター馬英華写真「中国人は、帰れ」
フロア中に響き渡る大声。仁王立ちになった男性の、耳を疑う言葉でした。

数カ月前の夜、私は子どもと一緒に、近所のスーパーで買い物してレジへ向かい、列に並んでいました。9時ころで少々疲れていました。キッチンペーパーを買い忘れたことに気付き、子どもを残してあわてて取りに行き、戻ったときでした。

意外に列がはやく進んで子どもの番になっていました。いますぐにでもお金を渡さないといけない場面です。ですが私の後ろに並んでいた男性がレジ前に立っており、狭い場所をふさいでいたので通れません。

「すみません、前へ通していただけますか」と声をかけたとたん、私が中国人だと分かったのでしょう。彼は振り返り、両腕を振り上げ私を制止し、「中国人は帰れ。絶対に列は譲らない」とどなったのです。そのけんまくに私は凍り付きました。

この男性は私が割り込みをしたと思い込んだのです。割り込みではないと状況を説明したのですがその場から動いてくれません。どなった男性に向かって「おまえは日本人の恥だ」と言う男性も現れました。お互いつかみかからんばかりの騒ぎになり、気が付くと私の周りに人垣ができていました。店長が出てきて、私に「申し訳ないです」と言ってくれました。

原因をつくったのは私

ショックでした。数日間は胸が締め付けられる気分で、思い出すのはこの「事件」ばかり。ちょうど、中国からの観光客が大挙して日本のお店へ訪れ、商品をたくさん買っていく現象が頻繁に報道されていたころです。そうした人たちはマナーが悪いという印象も与えるのでしょう。中国人に対する偏見が、彼にそうした態度を取らせたのかもしれない。

なぜこんな目にあうのか。でも時間がたったいま、納得しています。原因をつくったのは私だからです。列からいったん離れ、並び直せば済んだことです。空腹だったので、早く買い物を済ませて帰りたい。その一心で気がせいていました。

「因果応報」――。過去に原因があり、今にその結果がある。今つくる原因は、未来を左右する。私はそう信じています。失態を犯したのは私で、そのためにどなられるという結果を招いたわけです。そう結論を導き、落ち着きました。まいた種は、結果として必ず立ち現れる。まいたなら、責任を持たなくてはならない。最近、強くそう思います。

日本の成長をみて経営に興味

中国人の私がなぜ日本で起業することになったのかをお話ししましょう。

来日したのは1988年。早稲田大学法学部に90年に入学しました。同大学院の博士課程へ進み、学びながら日本の大手電機メーカーで契約社員として働きました。その後勤め先を変え、独立系のエレベーター保守会社へ移りました。中小企業の方が大手より企業経営の全貌がみえるという、知人の助言を受けたからです。

96年、中国で弁護士の資格を取りました。なぜ資格を取ったかというと、企業経営への興味からです。留学する前から、日本の高度成長期に企業が飛躍的に成長したのには必ず理由があるはずだと考えていました。それが知りたかった。そして将来、経営者になるなら、自分や会社を守るためには法律を知った方がよい、逆にいえば法律の知識がないといけないと思ったのです。

中国で弁護士活動を開始し、忙しい日々を送るなか、弁護士で食べていこうと決心しました。そんななか、まだ博士課程にいた私は残っていた課題があり、片付けるために再度来日しました。

運命の電話

忘れもしません。深夜、一本の電話が入りました。寝ながら受けたこの電話が、私の人生を変えるとはそのとき思いもしませんでした。

声の主は、仕事を通じて知り合った、上海市の政府関係者でした。私が日本でエレベーター会社に勤務していた経験があると知った彼は、エレベーター保守を手掛ける、独立系の日本企業を知らないかと聞いてきました。あるいは、保守に関する知識を教えてくれる企業はないかと聞くのです。

当時から日本製のエレベーターは中国で多く使われていたのですが、メーカーは、故障や修理の際にすぐ対応できるメンテナンスセンター機能を中国に置いていなかったのです。例えば日立の系列のエレベーター事業はその機能を台湾に置いていました。ある部品が必要となったら、台湾にある在庫からいったん香港へ運び、それからやっと上海へくるという不便なシステムでした。上海からはそのたびにだれかを台湾や香港へ出張させるのでコストもかさむと彼は言いました。

日本ではメーカー系列の保守会社が強いことを知っていた私は、独立系の会社は、日本にほとんどないと答えました。中国との合弁会社も探したことはありましたが、当時なかったのです。「ではあなたがその仕事をやればよいではないか。できないの?」

できないのかという言葉に、生来の負けん気が頭をもたげました。彼は熱心に知りたがりますし、その熱心さにこたえ、助けたいと思ったのです。とっさに「調べてみます」と答えていました。そうした会社がなければ、つくることは私にもできる。この電話が97年に設立し、今に続く東京エレベーターを経営するきっかけになりました。私が日本にまいた、一つの種です。

種をまいたら結果が伴います

良いことも悪いことも全部自分がまいた種で、収穫はその結果だと考えています。原因を見つけ、これでいいのか常に検証し、反省する。次に生かせるように――。いつも自分にそう言い聞かせています。これからもそうしていきたいです。

お気軽にご連絡ください。いつでもお待ちしています。03-3662-1139営業担当 椎橋(しいばし)恒成(つねなり)佐藤(さとう)がご質問にお応えします!!

受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ