エレベーター保守管理とは

エレベーターの安全を確保するためには、定期的な点検保守をすることが不可欠です。エレベーターの保守管理の実施は建築基準法第8条で建築物所有者・管理者等に義務付けられています。またエレベーターは建築時準法第12条で年1回の定期検査(法定検査)を行い自治体に届け出ることが定められています。さらに一般的には1ヶ月1回、エレベーター保守点検を行っています。専門知識を持った技術者による定期的かつ適切なエレベーター保守を行うことで、故障等のトラブルや事故を未然に防ぐことが出来ます。また、定期的なエレベーターメンテナンスによって耐用年数を大幅に引き延ばすこともできます。利用者様の安全と安心の為にも、ご所有の建物のエレベーター設備のエレベーター保守点検は信頼のできるエレベーター保守会社に任せたいものです。
エレベーター保守 点検

ビルやマンション経営において、設備の維持管理費の中でもエレベーター維持費用は大きな割合を占めています。設備管理費をできるだけ抑えるためにもエレベーター保守費用はできるだけ安く済ませたいものです。しかし下手すると人の生命にかかわるようなことですから、費用の安さだけでエレベーター保守会社を決めてしまうのは危険です。安かろう悪かろうでは何の意味もありません。その点弊社は独立系エレベーター保守会社でありながら、適正な低価格で経験と知識を併せ持った専任の技術者が適切なエレベーター保守点検業務を行い、お客様に安全・安心を提供しています。エレベーター保守費用を削減することによってエレベーターリニューアル費用に振替出来ます。エレベーター保守費用が安く、メーカー以上のサービスを求めるニーズに応えられるように日々努力しています。東京エレベーターの保守費用はエレベーターメーカーと比べたら激安です。
東京エレベーター点検 修理

エレベーターの保守点検サイクルは基本月1回です。エレベーター保守専門業者はエレベーター保守点検しながら故障を早期発見してリスクになる可能性が高いエレベーター部品を取り換えて常にエレベーターを正常に維持します。現在お使いのエレベーターに以下のような症状は見られていないでしょうか。

  1. 異音がする
  2. 異臭がする
  3. 目的階数に到着したのに扉が開かない
  4. 昇降の際揺れが激しい
  5. エレベーターの停止位置と乗場の間に段差が生じる

エレベーターメンテナンスを定期的に実施していればエレベーターは問題なく動作するものですが、このような症状が見られた場合は故障や事故の原因につながりますので、すぐにエレベーター保守会社が対応する事が必要です。

ビル管理なら東京エレベーター

現在お願いしているエレベーター保守会社に対して以下のようなお悩みをお持ちではありませんか?

  1. いつエレベーター点検しているかわからない
  2. エレベーター定期点検には来ているが何をしてる か不明確
  3. エレベーターメンテナンス費用が高い
  4. エレベーター保守作業内容について納得できる説明がない
  5. エレベーターが故障した際の対応が遅い
  6. 24時間365日対応ではない
  7. スタッフの態度が悪い
  8. 作業内容の報告書を見ても専門用語だらけで解りづらい
東京エレベーターの点検

上記にあてはまるような例がある場合にはエレベーター保守会社の変更を検討してみてもいいかもしれません。東京エレベーターでは三菱エレベーター、日立エレベーター、東芝エレベーター、フジテック、オーチスエレベーターのエレベーター保守管理で20年近い実績を持っています。
営業担当は、お客様のご要望に備えて、迅速に動き部品交換に関する説明やエレベーターフルメンテナンス見積、POG見積を無料で提供します。

当社では、エレベーター保守や地震時、故障によってエレベーターが停止したら、当社がいち早く現場に赴き正常な運転に復旧します。エレベーター保守会社を選択するにあたり、このようなエレベーター点検以外で故障対応力もエレベーター保守業者を選定するポイントになります。
当社では、通常の交通機関だけではなく、あらゆる移動手段を用いて迅速に対応しております。
東京エレベーター点検スタッフ

エレベーターメンテナンスは1ヶ月1回することをお勧めします。

エレベーターのメンテナンスの実施は、建築基準法など法的にエレベーターを含む建築物の所有者、管理者あるいは占有者に義務付けられています。メンテナンスが概ね一ヶ月ごとに行われること、ノウハウを有した検査資格者などによってメンテナンスが適切に実施されることなど、エレベーターの安全稼働は、その管理者の責任の元、適切かつ定期に行われることで確保されます。

小さな故障を見つけ、大きな故障を未然に防ぎましょう!

エレベーターの故障は、見えた目に稼働しているから生じていないということではありません。即座に稼働を妨げる故障もあれば、そうでない小さな故障もあります。単に部品をチェックするだけでなく、稼働に関わる調整に時間をかけるといった丁寧で適切なメンテナンスを継続することで、不具合を発見でき、そうした小さな故障は未然に防止されるのです。
ビルのエレベータ保守点検

弊社の様な独立系メンテナンス会社に依頼するメリット

弊社の様に独立系の会社に依頼するメリットとして、小回りが利くことです。専属担当者であれば、一基一基エレベーターの現状と経過を把握して、メンテナンスを行います。大手企業では画一的な傾向があります。各故障や問い合わせにそれぞれ担当者がおり、具体的な回答までに時間がかかることがあります。しかし、当社では、それぞれの担当が専門性の高い知識や実績があり、状況に応じて細かい対応を行うことが可能です。そのため、故意や不測の事態によって稼働に支障を及ぼさず、もしもの稼働の不具合によって人々の安全に影響を及ぼさない様、未然に対応できます。ですから、多くの方が独立系の会社に委託するのです。

エレベーターは生活に必要なインフラで、安全第一です!

エレベーターは、都市を中心に現代社会において三次元空間を自由に移動する生活に欠かせないインフラです。高齢化社会が進展する日本において、足腰に不安を抱く年配者や体が不自由な介護者にとっては、エレベーターが移動を手助けし、なくてはならない乗り物として重要性を増しています。メンテナンスを基本にしたエレベーターという便利な移動手段は、私たちの生活に必要なインフラとして、様々な場所で空間を上へ下へと素早くスムースに人や物を運び続けています。当社では1ヶ月毎のメンテナンス時に、小さな故障や大きな故障を発見し、修正、調整等行い、利用者の利便性を追求していきます。エレベーターのメンテナンスに興味ある方は、お気軽にご連絡ください。

エレベーター保守契約するメリット

エレベーター保守のメリットは、もちろん機械としての性能維持が基本ですが、そのうえで、事故を未然に防ぐことを含めた最適な稼働によるランニングコストの軽減を図り、災害や不測の事態が起きた場合に備え、利用者の安全を最大限確保することにあります。しかし、エレベーター管理者の中には、エレベーター保守に関して、保守点検業者と継続的な契約を結んでいないという現状が見受けられます。そうした未契約が、災害や不測の事態を受けたエレベーターの不具合によって、利用するユーザーを危険にさらす可能性が高いのは言うまでもありません。

万が一の事態が起きた際は管理者の責任になりますのでご注意!

エレベーターの保守、つまり定期的な点検管理は、誰が、いつ、どのように、といった点で法的に定められています。誰がという点は、建築物の所有者・管理者又は占有者に義務付けられ、エレベーターを含むその建築物の敷地及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならないとしています。万が一の事態が生じた場合、その責任は保守義務のある管理者に至ります。
エレベーターの制御盤点検

お気軽にご連絡ください。いつでもお待ちしています。03-3662-1139営業担当 椎橋(しいばし)恒成(つねなり)佐藤(さとう)がご質問にお応えします!!

受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ