本文へスキップ

エレベーターの点検、保守、メンテナンス、リニューアル、改修工事を行っております  

エレベーター保守・点検・メンテナンスを行うエレベーター専門会社。経費削減、コスト削減などはお任せ下さいベテラン技術者がより高い技術と安心をご提供します

エレベーター点検・エレベーター保守ELEVATOR MAINTENANCE

トップページ > エレベーター点検・エレベーター保守

東京エレベーターでは各メーカーのエレベーター点検、保守、メンテナンスを行う独立系エレベーター管理会社です。全メーカー各機種エレベーター点検、保守対応致します。

エレベーターメンテナンス サービスラインナップ

エレベーターのPOG契約エレベーターのフルメンテナンス契約エレベーターの法定検査

POG契約(点検契約)

POG契約(点検契約)は、点検・給油・調整・電球・ヒューズ・リード線等の小消耗部品の交換までが、保守料金に含まれます。その他の部品の交換は有償となります。定期的な点検、消耗部品の交換はフルメンテナンス契約と同じです。但し、契約に含まれない部品の交換や修理などが発生した時は都度別途御見積する仕組みになっていますので、その分、月々の支払金額は安くなります。また安くなった分、何かあった時の備えとして、年間の支出にその別途請求分を見込んだ予算計上をしておくことが必要になってきます。この契約のメリットとしては、メンテナンス料金がフルメンテナンス契約時に5~6割程度の費用で済むこと、エレベーターの使用頻度が低い、戸数が少ない等の場合、部品消耗も少ないと考えられることから、たとえその都度部品交換が発生してもPOG契約の方がお得と言えます。
 詳細はこちらをご覧ください。

FM契約(フルメンテナンス契約)

FM契約(フルメンテナンス契約)は、点検から消耗品の補充・対象部品の交換が保守管理料金に含まれております。料金設定の基本的な考え方としては、「機器の機能維持に必要な部品または修理等の費用を算出し、均等割りして、その月の保守料金に加算して支払う」という考え方が基本になっています。当然のことながら、いろいろな場面を想定して料金設定されていますので、高めに設定されることになります。
 詳細はこちらをご覧ください。

法定検査

法定検査は建築基準法第12条第3項により、毎年一回国土交通大臣が定めた検査を受けなくてはなりません。「エレベーターの安全を確保する上で重要な安全装置のテストや機器の劣化を総合的な面で判定を行う検査」となります。事情により検査を受けられない場合は、使用を中止して休止届等の書類を特定行政庁に提出しなければなりません。
 詳細はこちらをごらんください。

エレベーター点検保守業務を、メーカー独占状態から改変し、日本経済新聞にも掲載頂きましたが、エレベーター点検保守管理費のコストダウンを業界で初めて実現しました。


かご内直接通話システム・遠隔監視システム完備


エレベーター点検監視センター24時間365日対応。いつでも相談がうけられるから安心です。

エレベーター防犯カメラ(オプション契約)

エレベーター点検(メンテナンス)の他に相談が多いのがエレベーター内防犯カメラの設置です。防犯カメラで安心・安全を守り需要が増す一方です。録画機器、液晶モニターなどを設置するサービスを提供しています。
エレベーターコストダウン防犯カメラ エレベーターコストダウン カメラ録画 エレベーター管理防犯モニター



無料御見積はこちら!

メールを直接送信する方はこちらをクリック!

03-3662-1139

三菱・日立・東芝
オーチス・フジテック等
全メーカー対応可!
実績多数有!

ビル、公共、商業施設例
当社取引先 朝日生命ビル

東京エレベーター株式会社

〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-19-4 EEビル3F



営業担当 椎橋(しいばし)中澤(なかざわ)が
ご質問にお応えします!!
お気軽にご連絡ください。
いつでもお待ちしています。