エレベーター用語集

機械室関連

機械室・マシンルーム

エレベーターの駆動装置であるモーターや巻上機、制御盤等を設置した専用の部屋の事です。一般的にロープ式は塔屋、屋上、油圧式は最下階に設置されています。

マシンルームレス

巻上機やモーター、制御盤が昇降路内に収められたエレベーターの事をいいます。

巻上機

エレベーターを動かす為のモーター、減速機(ギア)、綱車などの駆動装置のことです。

綱車・シーブ

エレベーターを駆動する巻上機に組み込まれた、ロープを掛ける為の溝がある回転車のことでロープと綱車の摩擦を利用してエレベーターを上下させます。

主ロープ・主索

エレベーターのかごとつり合いおもりを連結する鋼鉄製のワイヤーのことです。

調速機ロープ・ガバナーロープ

昇降路関連

昇降路・シャフト

エレベーターのかごや、つり合いおもりが昇降する筒状の空間で、レールや配線などが収めれています。

つり合いおもり・カウンターウェイト

エレベーターはかごとおもりがロープで接続されています。かごの反対側についているのがつり合いおもりです。このおもりでエレベーターの動作の効率化、消費電力の低減を図っています。

ガイドレール

エレベーターはロープだけではなく、かごや釣り合いおもりは昇降路に取付けられたレールに沿って昇降します。

移動ケーブル・トラベリングケーブル・テールコード

エレベーターのかごと制御機器、制御盤間の通信や電力を供給する電線で、かご下に吊り下げられ、かごの動きに合わせて昇降するケーブルのことです。

保守点検関連

FM契約・フルメンテナンス契約

点検、調整の他、劣化した部品の取替や修理等、エレベーターを最良の状態に維持するのに必要なメンテナンスのすべてを契約料金の範囲内で行います。突発的な修理費用は不要ですが、月額の保守料金はPOG契約と比較すると高く設定されます。

POG契約

機器・装置の点検、清掃、給油、調整などを実施する契約で、FM契約と異なり部品の交換や修理工事等を要する場合は、お見積書を発行し、注文を頂くことでエレベーターを最良の状態に維持します。POGとは、P(パーツ)、O(オイル)、G(グリース)の頭文字です。月額の保守料金はFM契約と比較すると安く設定されます。

リニューアル・モダニゼーション

エレベーターの主要な部分を取替えて、機能やデザイン等の更新を行う工事をいいます。既存機器を全て撤去し入れ替える全撤去リニューアルから、一部分の制御機器やかごを取り替える部分的な改修があります。

乗場関連

乗場・ハッチ

各階に設けられた乗降スペースのことです

着床

かごが乗場に停止している状態や到着する状態の事をいいます。

床合わせ装置

エレベーターを乗場の床面位置に合わせてかごを停止させる装置のことをいいます。乗客が乗り降りする時や、大きな荷物が乗り降りする際に重さの増減によってエレベーターをつっているワイヤーロープが伸び縮みすることによるかご床面と乗場床面との段差を補正する機能があります。

光電センサー・マルチビームドアセンサー

エレベーターの扉もしくは扉付近に設置され、人や物を検知するセンサーでドアが閉じる際にセンサーから出る光線を遮るとで人や物を検知しドアを閉じる動作を停止し開ける動作を行います。光電センサーの場合、一定の横のラインで判別していますが、マルチビームドアセンサーの場合はあらゆる位置で検知する事が可能です。

操作盤・表示灯・案内装置関連

かご操作盤・カーボタン

エレベーターのかご内に設置されたエレベーターの行先ボタン、ドアの開閉を操作するボタン、非常通報ボタンを配置したパネルのことです。ドアの横に設置されたものを主操作盤、車椅子仕様など壁面腰位置に設置されているものを副操作盤と呼びます。

乗場操作盤・ホールボタン

各階の乗場に設置され、かごを自分の居る階に呼び寄せるために設置されたボタンを配置したパネルの事をいいます。

表示灯・インジケーター・階数表示器

エレベーターのかごの位置をお知らせする装置で上昇、下降などの方向表示や現在のかごの位置を表示する機器のことです。各階毎にランプで表示するアナログ式と文字で表示するデジタル式があります。

方向灯

かごの運転方向(上昇・下降)を示す表示灯の事をいいます。

インターホン

エレベーターかご内と管理人室やエレベーターホールなどをつなぐ通話装置です。

管制運転関連

地震時管制運転

P波感知器及びS波感知器により地震を検知し、運転しているエレベーターを自動的に最寄階に停止させた後、運転を休止させる装置です。地震によるかご内への閉じ込められる二次災害を防止させる事を目的としています。

火災時管制運転

火災が発生し火災報知器が検知するとエレベーターを避難階(玄関階)へ自動的に運転させた後、運転を休止させる装置です。火災により、避難階へ移動させる事や、かご内に閉じ込められる二次災害を防止させることを目的としています。
※設置されていないエレベーターもあります

停電時自動着床装置・停電管制運転

エレベーターは動力電源で駆動しています。停電により電力が供給されず、エレベーターが階と階の途中で停止した時に、自動的にバッテリー電源に切り替わりエレベーターを最寄階の乗場停止位置まで移動させ、ドアを開くことによりかご内に乗客が閉じ込められないようにする為の装置です。※設置されていないエレベーターもあります

ピット浸水時管制運転

水位センサーが設置されているエレベーターは、検知するとかごを最下階より1つ上の階へ自動的に退避させた後に休止させる装置です。ゲリラ豪雨などで冠水した際にかごが水中に向かって動くのを防止する機能と、かご下機器の損傷を防止する事を目的とした運転機能です。※設置されていないエレベーターもあります。

基準階復帰運転・ホームランディング運転

エレベーターが使用された後、自動的に基準階に戻る運転機能です。

遠隔監視関連

遠隔監視装置

一般電話回線やPHS回線を使用してエレベーターを監視する装置です。異常等を検知した際に監視センターに自動的に通報する装置です。主に電源異常、ドア異常、安全回路異常等を監視しています。

直接通話装置・直話装置

一般電話回線やPHS回線を使用してエレベーターのかご内のインターホンから監視センターに通報する装置です。かご内操作盤の非常ボタンを長押し(約5~10秒間)することで自動的に管制センターに接続する事が可能で、閉じ込めや故障が起こった際に当社監視センターと通話が可能です。

リモート点検・リモートメンテナンス装置

一般電話回線やPHS回線を使用し、管制センターからエレベーター動作指令を出す事によって、エレベーターが適切な動作をしているか、エレベーターの状態を数値的に診断する事ができる装置です。エレベーター製造メーカーが設置することが多く、当社ではサポート範囲外となります。

お気軽にご連絡ください。いつでもお待ちしています。03-3662-1139営業担当 椎橋(しいばし)恒成(つねなり)佐藤(さとう)がご質問にお応えします!!

受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ